らっきぃと仲間たち

~元捨て犬らっきぃとその仲間たちの日々を北海道から通信~

私が地元で活動を始めて1匹目の子を、一緒に活動していた

マチャミが飼ってくれました。

名前は『クク』(チワワ)

保護時はダニがついていたり毛は汚れてボロボロで酷かったんです。

でもマチャミは直ぐにキレイに洗い病院に行きダニを駆除してくれました。

ククはマチャミとマチャミの家族のおかげで幸せな日々を送っていました。

保護時の『クク』の年齢はわかりませんが若くは無かったのかもしれません。

少しずつ視力も落ち最後は全く見えなくなってしまいました。

それでも元気良く毎日過ごしていました。


そして今年3月24日ククは虹の橋を渡っていきました。


ククちゃん虹の橋へ


ククちゃん



















マチャミは、ククはウチの子で本当に良かったのか?

幸せだったろうか?と自分を責めていました。

私はククを引き取った時の事を今でもはっきり覚えています。

ククを救うために休日で担当者が居ない役場に行き、

別な職員さんに担当者を呼んでと必至になってくれた事や

ククの汚れた姿を見て泣いてくれた事を・・・

マチャミが居なければ私1人では何も出来なかった・・・

ククはマチャミの家族になれて幸せだったと思うよ・・・

ありがとう。。マチャミ。

またね。。クク。。



そして・・・

すぐに他の子を迎えるとククが可哀相だと言ってた矢先

子供達が多頭飼育で可哀相なチワワの情報をマチャミに知らせ

これも何かの縁かもしれないと私に相談してきました。

たまたま私もチワワの件は知っていたので問い合わせました・・・



この続きは・・・今日の夜に更新します。






スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://luckytonakamatachi.blog.fc2.com/tb.php/414-21829dd6

| ホーム |

検索フォーム

QRコード

QR